診療案内

診療案内

初めての方へ

初めて受診される方は、カルテの作成などお時間がかかりますので、時間にゆとりを持ってお越しください。
わんちゃんは、リードをつけるかケージに入れてご来院下さい。
また猫ちゃんの場合は、ケージ・洗濯ネットに入れてご来院ください。
午後は手術が入る事が多いですので受診する方は、必ず事前にお電話下さい。

主な設備紹介

超音波装置 ALOKA社 PROSOUND α7

超音波装置 ALOKA社 PROSOUND α7

腹部、胸部の検査に使用します。
膀胱の結石、腸内の異物、心臓の構造異常など
他にも様々な場面で活躍します。

CR レントゲン装置

CR レントゲン装置

肺・心臓・骨の状態を確認するために使います。
デジタルなので、撮り直しがほとんどなく
ペットに負担をかけずに撮影することができます。

内視鏡 LUCERA CV260

内視鏡 LUCERA CV260

胃の中の異物をとったり、
胃や小腸、大腸の生検ができます。
下痢など消化器症状が続く場合はこれで検査します。

GYRUS Medical社製 PKsystem

GYRUS Medical社製 PKsystem

シーリング装置。手術の際、糸を使わずその代わりとしてシーリング電気メス(PKシステム)で止血する方法が人間の医療でも用いられています。安全かつ迅速な止血が可能です。
当院では避妊手術の時にも腹腔内に出来るだけ異物である縫合糸を残さないような、体に優しく安全な手術を取り入れています。

電気メス ダイアテルモMB122

電気メス ダイアテルモMB122

手術の際に出血を止める時などに使用します。
なくてはならない手術機器のひとつです。

動物用 血液および血液化学検査IDEXX社 PloCyte dx Catalyst dx

動物用 血液および血液化学検査
IDEXX社 PloCyte dx Catalyst dx

プロサイトは従来の血液検査機器では不可能だった白血球の5分類が可能となり、さらに、貧血に関してもより詳しく測定ができます。
カタリストでは血糖値や電解質、肝臓の酵素など様々な生化学検査が院内で測定することができます。

些細な事でもぜひご相談下さい

些細な事でもぜひご相談下さい

動物は人間の言葉が話せません。
問診(飼い主さんからの情報)、身体検査などからの様々な徴候が人間以上に重要になります。
些細と思われることもできるだけ詳しくお伝えください。
その為、どうしても診察に時間がかかってしまうことがありますのでご了承ください。
病気の説明等は、納得して頂けるように、丁寧に時間をかけます。
治療内容や薬に関してご遠慮なくお尋ねください。

※13:30〜16:00は手術をしていることが多いですので午後受信される方は一度ご連絡下さい。

診療時間 日・祝
9:00~12:00
13:30~18:00